久世歯科医院 トップ

矯正歯科治療とは八重歯、乱杭歯(凸凹)、受け口、出っ歯、すきっ歯のような悪い歯並びや、かみ合わせ(不正咬合)をきれいに揃えて、上と下の歯のかみ合わせを良くし、これによって口もとの形を整えると同時に、食べ物を良く噛めるようにすることを目的としています。



治療費についてのご案内

最新の矯正治療 インビザライン

マウスピース矯正とは従来のワイヤー(針金)を使用しない最新の矯正治療法です。コンピュータの3Dでデザインされた透明なマウスピース状のものを段階的にはめて矯正します。
従来の矯正器具に比べるとあまり目立たないのが大きな特長です。また、摂食や清掃時に取り外し可能なため、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。

透明で取り外しが可能なマウスピースを順次装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げていきます。マウスピースは2週間ごとに新しいものに交換し、2~3ヶ月ごとの受診のたびに、治療の進行状況を確認し、新しいマウスピースを矯正医から受け取ります。従来の矯正装置に抵抗のある方、通院回数の少ない矯正治療をご希望される方におすすめの最新治療法です。まずはお気軽にご相談ください。

どのような障害がありますか?

矯正治療の様子きれいな歯並びに治すことは口元を美しくするばかりでなく、うまく噛め、うまく話せるようにし、虫歯や歯周病を防ぐために、ひいては心理的発達をもたらすために必要なことです。
矯正歯科治療には専門的な知識・技術が必要です。信頼できる矯正歯科医をホームドクターにする事が大切です。 当院では専門医による矯正歯科治療をおこなっていますので、気になる事はなんでもご相談下さい。

食べ物をうまく噛むことができない。

よく咬まなくても食べられる、柔らかい物ばかり食べていると、あごが十分に発育せず、あごと歯の大きさのバランスが悪くなります。その結果、小さいあごに大きな歯が並びきれずに、凸凹の歯並びになります。 適切な矯正歯科治療を行い、噛み合わせを整える必要があります。

 

虫歯になりやすく、口臭の原因にもなる。

乳歯のときの虫歯も歯並びに影響します。乳歯の虫歯を放置していたり、抜歯してすき間ができていたりすると、永久歯が正しい位置に生えてこれず、歯並びや噛み合わせに影響します。

 

 

 

歯槽膿漏(歯周病)になりやすい。

歯槽膿漏の原因は歯の間、歯肉の間にあるプラーク(汚れ)により引き起こされることが解っています。歯並びが悪いと歯の間のプラークが停滞しやすく、歯や歯を支える骨が溶けてしまいやすくなり、やがては歯を失う結果を引き起こします。

 

言葉がはっきりとしない(発音障害)。

歯の有無や歯並びは発音にも大きく影響してきます。歯がない人や歯並びが悪い人の発音は聞き取りにくく、コミュニケーションに影響を及ぼします。 

 

 

 

健全な発育への影響。

よく咬む子どもは、脳の発育によい刺激が加わるといわれています。また、子どもの歯には、咬む事で上あごや下あごの健全な発育を助けるという大切な役目があります。 成長期の子供には適正な顎顔面の成長発育を促す上で 、噛みあわせ、発音、全身の健康に影響を及ぼします。

 

さまざまな矯正装置/症例について

歯の裏側に装置をつけた矯正例矯正装置をつけることに抵抗を感じる方も少なくありません。しかし、装置をつけても日常と変わりない生活を送れます。
現在では歯の裏側や目立たない場所に装置をつけることも可能です。
※ 治療方法により異なりますのでご相談ください。

矯正装置について
矯正症例について

インプラント矯正 最新情報! インプラント矯正って何?

インプラントによる矯正歯科治療例インプラント矯正治療は、従来の治療法では困難であった症例や、治療期間が長くかかってしまうような症例に対して開発された治療方法です。
最近インプラント矯正治療が流行っていますが、この治療には高度な技術や知識を必要とします。当院ではこの治療に精通している口腔外科専門医および矯正歯科専門医が共同で治療にあたります。たとえば、 歯を抜かなければ矯正ができなかった方でも歯を抜かずに並べることができるとか、今まで骨格の手術をしなければ治らなかった症例の一部が手術なしで治療が可能となるなどです。また、症例にもよりますが治療期間が半分になる場合もあります。矯正治療はしたいけど、わずらわしい装置は使いたくないなと思っている方や、少しでも治療期間を短くしたいと希望されている方は、まず矯正歯科専門医に相談をしてください。

インプラント矯正 最新情報! 従来の装置との違いは?

従来の矯正歯科治療例歯に装着する矯正装置(ブラケット)は、今まで通り前歯はクリアブラケットになります。しかし例えば、顎外矯正装置(ヘッドギアー、Jフックヘッドギアーなど)を使用しなければならない症例においては、従来の装置の代わりにアンカーインプラントという小さなビスの様なものを歯茎に埋め込み、そのビスから歯を引っ張ることで、従来の装置に比べ治療効率は格段にアップします。

従来の矯正歯科治療とインプラント治療の比較

インプラント矯正 最新情報! どういう処置が必要?

久世歯科医院で行っているインプラント矯正当院で行っているインプラント矯正は歯槽骨にアンカーインプラントを埋め、それを固定源として力を加え、歯を動かすというものです。アンカーインプラントを埋める(外す)小手術はほとんどの症例が歯茎への麻酔のみとなり時間的にも1本約5分と患者様の負担はほとんどありません。症例によりますが矯正治療開始時に1本~4本のアンカーインプラントを埋入していただき矯正治療を開始します。固定源としての役目が終了した時点で埋めてあったアンカーインプラントは外します。また小手術は、当院口腔外科専門医が担当し、埋入位置の選択や埋入後の治療は矯正専門医が担当いたしますので安心して治療を受けていただけます。

ニュース
メディア掲載情報
クリニック案内
久世歯科医院
野川メディカル歯科
有馬メディカル歯科
スイート歯科クリニック
スイート歯科クリニックプラス
メグブログ
無料送迎車
フォトギャラリー
360度パノラマで見る院内風景
 
■医療法人社団 博誠会 久世歯科医院
川崎市宮前区野川3010-1 TEL/044-751-8811
■野川メディカル歯科
川崎市宮前区野川3000野川メディカルセンター1F TEL/044-740-0118
■有馬メディカル歯科
川崎市宮前区東有馬3-15-10アクアビル2F TEL/044-870-7888