久世歯科医院 トップ
矯正歯科Q&A

矯正治療はいつから始めるのが良いですか?

症状によって治療開始時期は違ってきますが気づいた時点で、なるべく早く専門医にご相談されることをお薦めします。 早い時期に検査ができれば、その後の治療計画が立てられます。
それによって大掛かりな装置を使わずに、早めに予防や治療が可能です。 また、上の顎と下の顎の位置・大きさのバランスがとれていない場合、顎が成長する時期(身長が伸びる時期とほぼ同じ)を逃すと治療が難しくなることもあります。

治療期間はどれくらいかかりますか?

人によってその期間は違いますが、歯を移動するのに約2~3年、その後、歯を保定(動かした歯を安定させること)するのに1~2年かかります。 なかにはそれ以上の期間を必要とする場合もあります。 矯正治療が長い期間を要するのは不正な関係にある上下の顎の成長を正常な陣道にのせたり、歯の生えかわる時期におこる咬み合わせの不正を正常な方向に誘導する事を目的としているからです。
そして、顎の骨の中に植えられている歯を、そのまわりの部分に損傷を与えないように、徐々に移動するので時間がかかるのです。

治療期間中に気を付けなければならない事は何ですか?

矯正中は、装置を付けているために通常より歯みがきを念入りに行う必要があります。この歯みがきを怠ると虫歯の原因になります。
細い毛先の歯ブラシで丁寧にブラッシングするようにして下さい。ブラッシング方法は、当院で指導いたしますのでご安心ください。

治療はどのような流れで行われるのですか?

初診


治療相談とカウンセリングを行います。

検査


適切な治療方針をたてるために、レントゲンなどを使って必要な情報を収集します。

 

診断


現状のご説明と治療の方針をご説明します。

 

治療開始


矯正装置を取り付けます。

 

装置の調整


月に一度くらい来院していただき、治療の進み具合をチェックします。

 

動的治療の終了


装着していた装置を撤去します。

 

保定


歯の戻りを防ぐための装置を一定期間つけます。
3ヶ月から半年に一度くらいの通院となります。

 

メンテナンス


治療した箇所の調整や今後の予防対策・手入れ法を指導します。

 

通院間隔はどれくらいですか?

調節の必要な装置を使用しているときは、大体1ヶ月に1度の割合で通院すれば十分です。永久歯の生えてくるのを観察したり、保定期間には3ヶ月あるいは半年に1度位の通院となります。

矯正歯科トップページへ戻る

ニュース
メディア掲載情報
クリニック案内
久世歯科医院
野川メディカル歯科
有馬メディカル歯科
スイート歯科クリニック
スイート歯科クリニックプラス
メグブログ
無料送迎車
フォトギャラリー
360度パノラマで見る院内風景
 
■医療法人社団 博誠会 久世歯科医院
川崎市宮前区野川3010-1 TEL/044-751-8811
■野川メディカル歯科
川崎市宮前区野川3000野川メディカルセンター1F TEL/044-740-0118
■有馬メディカル歯科
川崎市宮前区東有馬3-15-10アクアビル2F TEL/044-870-7888